本文へスキップ

占部医院は熱中症など幅広い分野で診療を行っています。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.092-531-6809

〒810-0022 福岡市中央区薬院3-7-28

内科・循環器内科に関する病気Disease

  1. トップページ
  2. 内科・循環器内科に関する病気
  3. 熱中症

高血圧 食中毒 高脂血症 【 熱中症 】
心筋梗塞・狭心症 感冒(かぜ) インフルエンザ 花粉症
糖尿病 めまいと突発性難聴 肥満 不整脈
心筋症

熱中症

薬院循環器内科占部医院|熱中症

● 熱中症の原因(気温と湿度)
暑さによって体温調節機能が乱れたり、体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたりすることが原因です。
気温が高い状態が長く続くと発汗して水分・塩分が失われてしまい、また、湿度が高いと汗が蒸発せず熱がこもったままの状態になった結果、体の中の熱が放出されなくなってしまう状態です。

● 起こりやすい時期(真夏と梅雨どきに要注意)
気温が高い・湿度が高い・風が弱い・日差しが強い・照り返しが強い・熱いものがそばにある・急に暑くなる

● 熱中症の症状
めまい・筋肉痛・こむら返り・大量の発汗・頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・意識障害・けいれん・手足の運動障害・高体温

● 熱中症の救急処置
@ 涼しい場所に移し衣服をゆるめてリラックスさせる
A 首筋・脇の下・脚の付け根を冷やす
B 顔が赤いときは頭を高く、青ければ足を高くして寝かせる
C 意識があり嘔吐がなければ水分補給させる
D 皮膚が熱ければ風を送ったり、熱い部分にぬれタオルを当てる
E 意識がなくなり急に体温が上がったら、すぐに救急車を呼ぶ

死に到る事があるので、症状がある時は早めの受診をおすすめ致します。

● 熱中症の対策
@ のどが渇かなくてもこまめに水分を摂りましょう。
  塩分などの電解質も失われているので、水に塩分などの電解質と糖がバランスよく配合された
  経口補水液を利用
A 室温28度、湿度70%を超えたらエアコンを使いましょう。
B 外出時は涼しい服装で、日傘や帽子を利用しましょう。



占部医院 Urabe Clinic
内科|循環器内科
占部病院

〒810-0022
福岡市中央区薬院3丁目7−28
(西鉄新川町バス停から徒歩1分)
TEL 092-531-6809
FAX 092-531-6839



はてなブックマークに追加