本文へスキップ

福岡市中央区薬院の内科・循環器内科クリニックの占部医院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.092-531-6809

〒810-0022 福岡市中央区薬院3-7-28

循環器疾患Q&AQ&A

  1. トップページ
  2. 循環器疾患Q&A

Q:不整脈は危ないのか?

薬院循環器内科占部医院|不整脈は危ないのか?

心臓の拍動のリズムが不規則になったり、異常に早くなったり、遅くなったりする状態を不整脈といいます。
最も危険な不整脈は「心室細動」で、心室が細かく震え、血液を送り出す機能が全く失われた状態となります。
マラソン大会などで突然倒れ、AED(自動体外式除細動器)で一命を取り留めた例はほとんどこの不整脈と言われています。
これとよく似ていますが心房細動では、心房が細かく震えますが、血液を送り出す心室の機能はほぼ正常に保たれるのですぐに死に至ることはありません。
しかし心臓内の血液の流れがよどみ大きな血栓ができることがあり、それが飛んで脳の血管に詰まる脳塞栓を引き起こすことがあります。
元サッカー日本のオシム監督はこのため生死の境をさまよったことでも有名です。
脈が飛んだり抜けたりする「期外収縮」は放置しておいて問題ないものが大半ですが、めまい、ふらつきなどを自覚する場合は循環器専門医を受診し、24時間心電図検査を受けた方がいいでしょう。


Q:循環器で生活習慣病は診てもらえますか?

薬院循環器内科占部医院|生活習慣病は診てもらえますか?

生活習慣病は昔、成人病と言われていました。
これでは大人になったら起こる病気という印象を受けますが、生活習慣の乱れ(暴飲、暴食、ストレス、運動不足、喫煙)によってどの年代でも起こる疾患で、代表的なものは高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満があります。
これは死の四重奏と言われ、いくつ合併するかで将来心筋梗塞、脳卒中を起こす確率が大きく違ってきます。
これらの疾患は血液検査で診断でき、将来起こり得る心疾患脳卒中の早期診断のためには循環器もしくは神経内科専門医で診てもらうのは理にかなっていると考えます。


Q:動悸がします、循環器受診でいいんでしょうか?

薬院循環器内科占部医院|動悸がします

動悸の原因は心臓疾患以外にも貧血、呼吸器疾患、甲状腺疾患、婦人科疾患、精神科疾患と多彩です。不整脈が原因ならば動悸を自覚した時の心電図の記録が出来れば診断できますが、そのようなチャンスはなかなか無く、毎日のように症状があれば24時間心電図での診断も有効と考えます。不整脈が原因でなければ貧血、呼吸器疾患、甲状腺疾患のスクリーニングを行いますがそこまでは循環器専門医で診断できます。


Q:血圧が高いと言われたけど自覚症状が何もありません。放置してもいいですか?

薬院循環器内科占部医院|血圧が高い

いけません。高血圧には自覚症状がほとんどありません。血圧が200mmHgを超えても健康診断で指摘されたから受診したという患者さんは珍しくありません。高血圧はサイレントキラー(沈黙の殺人者)と呼ばれるゆえんです。高血圧を放置すると、心臓、脳、腎臓に障害をきたし、最終的には心筋梗塞、脳卒中、腎不全を起こす可能性が高くなります。



占部医院 Urabe Clinic
内科|循環器内科
占部病院

〒810-0022
福岡市中央区薬院3丁目7−28
(西鉄新川町バス停から徒歩1分)
TEL 092-531-6809
FAX 092-531-6839



はてなブックマークに追加